エンプティ エン エターニティ

本・音楽・映画などの感想やレビューをざっくばらんに。

格差を生まぬ雇用関係必要(2013年2月)

【 2013年2月 中日新聞の投書欄に投稿して一部修正されて掲載。  】

 

七日の本欄「『非正規雇用』にも需要ある」を読み、就職活動中の私も「非正規」について考えた。

 

労働者側の「自分に合った働き方ができる仕事を選びたい」というニーズと、企業側の「人材を必要なときにすぐそろえたい」というニーズが合わさり、非正規という働き方が浸透することは悪いことではない。

 

ただ、問題が二点ある。一つは、継続的な雇用関係でないため労働者にスキルが身につかず、企業も本腰を入れて教育やトレーニングを拡充しようとしないという可能性。もう一つは、正社員と比べて賃金・仕事内容・福利厚生などで格差が生じやすいということだ。

 

多様な働き方の一つとして非正規雇用を認めるのはいい。ただ、そうした格差がないかの問題意識を社会全体が絶えず持ち、企業側に都合のいい雇用の調整弁としての非正規はなくしていかなければならないと思う。

bias 「五月雨」 Early Summer Rain

 

今回は
bias(バイアス)の新曲

「五月雨」 Early Summer Rain

ご紹介します。

 


 

< 「五月雨」 Early Summer Rain >


・bias初のシングル曲(デジタル配信)

iTunesGoogle Play Musicなどでリリース。

・MVはキューバポーランドが舞台。
 根本さんの友人であるポーランド人の方が制作。

 

 

< 感想  >

 

  五月雨に打たれた僕
  薄れる君という存在を軸にした切ない歌詞。
  
  寄り添うメロディは哀愁を帯びつつも
  歌声には終始厚みがあり
  切なさを俯瞰した上で
  代弁しているかのようなコントラスト
  
  何回か聴いて思った印象は
  「90年代中盤~後半の叙情的なJ-ROCKの雰囲気」

 

 

< bias >

 

根本啓一郎と岩崎蔵による音楽ユニット。

 

根本 啓一郎 ( Vocals/Guitar/Bass/Piano/Mixing )
岩崎 蔵   ( Drums/Percussion )