エンプティ エン エターニティ

本・音楽・映画などの感想やレビューをざっくばらんに。

音楽

SMAP関連 雑記ブログの妄想・感想まとめ(6本)

雑記ブログで2006~2016年に書いた SMAP関連の妄想・感想記事をご紹介します! 「 5元生中継 5人各ドーム 5大ドームツアー 」 2016年08月20日 「 国民的ベテランアイドル 」 2016年01月18日 「 大みそかに連動した初夢前夢 ~ キムタク ・ カトゥーン上田…

アレキやテレフォンズの曲などにインスパイアされて 【自薦】 ポジティブポエム7篇ご紹介 【自宣】

大まかに 「ポジティブ」や 「エール」をテーマにして更新している ポジティブポエムブログ 『 なんちゃって自己啓発の詩想 ~ ポジティブ ポエトリー ポッシブル ~ 』 http://positivepoetrypossible.blog.jp/ 音楽・書籍・ドラマ・映画・アートなどから …

LUNA SEA関連のレビューまとめ(4本)

本ブログ(レビューブログ)でこれまでに書いた LUNA SEA関連のレビューをまとめてご紹介します! The End of the Dark ~ 「LUNA SEA LIVE 2012-2013 The End of the Dream」 12.23 大阪城ホール ~ 22分56秒の五重力奏 ~ LUNA SEA 『THE ONE -crash to cr…

LUNA SEAテーマ 雑記ブログのゆったり日記まとめ(5本)

雑記ブログで2007~2010年に書いた LUNA SEA関連の日記をまとめてご紹介します! 「 LUNASEAの存在 」 2007年08月07日 「 抜群の存在感 」 2007年08月12日 「 一夜限りの復活 」 2007年08月29日 「 hide追悼ライブ 」 2008年03月21日 「 ルナシー 焦らしー …

紅白出場バンド予想の振り返り 2組予想的中! 2016年 第67回NHK紅白歌合戦

11月24日に 第67回NHK紅白歌合戦の出場歌手が発表されました。 このブログで 10月5日~11月22日まで更新してきた 紅白出場バンド予想記事シリーズ 2016年第67回NHK紅白歌合戦に出場決定したバンドは7組。(ジャニーズ2組含む) いきものがかりX JAPAN関ジャ…

紅白出場バンド予想(5)「ワタリドリ」で羽ばたくアレキ? 2016年 第67回NHK紅白歌合戦

前回記事 紅白常連バンド以外で 2016年の紅白に 出場が予想されるバンド4組目は・・・ 去年発表した(2015年)メジャーデビューシングル「ワタリドリ」が 再注目されたアレキサンドロスです! ALXD アーティスト: [Alexandros],川上洋平 出版社/メーカー: …

紅白出場バンド予想(4)『君の名は。』主題歌大ヒットのRADWIMPS 2016年 第67回NHK紅白歌合戦

前回記事 紅白常連バンド以外で 2016年の紅白に 出場が予想されるバンド3組目は・・・ 映画『君の名は。』主題歌が大ヒットした ラッドウィンプスです! 君の名は。(通常盤) アーティスト: RADWIMPS 出版社/メーカー: Universal Music =music= 発売日: 2016…

紅白出場バンド予想(3)バンプ2年連続? 2016年 第67回NHK紅白歌合戦

前回記事 紅白常連バンド以外で 2016年の紅白に 出場が予想されるバンド2組目は・・・ 昨年紅白に初出場した バンプです! Butterflies(初回限定盤)(DVD付) アーティスト: BUMP OF CHICKEN 出版社/メーカー: トイズファクトリー 発売日: 2016/02/10 メディ…

紅白出場バンド予想(2)再結成イエモン 2016年 第67回NHK紅白歌合戦

前回記事 紅白常連バンド以外で 2016年の紅白に 出場が予想されるバンド1組目は・・・ 今年再結成した イエモンです! イエモン-FAN'S BEST SELECTION-( 通常盤 生産限定商品) アーティスト: THE YELLOW MONKEY 出版社/メーカー: 日本コロムビア 発売日: 20…

紅白出場バンド予想(1)常連以外に2~4組か? 2016年 第67回NHK紅白歌合戦

2015年第66回NHK紅白歌合戦に出場したバンドは9組。 SEKAI NO OWARI ゲスの極み乙女。関ジャニ∞いきものがかりTOKIOゴールデンボンバー BUMP OF CHICKENX JAPANレベッカ 「SOS/プレゼント」通常盤 アーティスト: SEKAI NO OWARI 出版社/メーカー: トイズフ…

出演多! VISUAL JAPAN SUMMIT 2016

「ヴィジュアル系バンドが一堂に会す10万人規模・日本最大のヴィジュアル系音楽フェス」 VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 9月7日(水)現在、第5弾発表までされており、さらに今後他数十アーティストも続々発表されるようです。 出演者を見る限り、ライトなヴィ…

それぞれの魅力を最大限に引き出せている良質コラボ ~ GLAY feat.KYOSUKE HIMURO 『ANSWER』 ~

某音楽番組で共演している姿を見た瞬間、GLAYファンでもヒムロックファンでもないがとても感慨深いものを感じた。 マイクを挟んで向かい合いながら時に競うかのように激しく歌うヒムロックとTERU。 その姿勢、声はほんとによく似ていた。TERUが…

さりげなく孤独を称えるような歌詞を織り交ぜるのが何ともこの人らしい。 ~ ENDLICHERI☆ENDLICHERI 『The Rainbow Star』 ~

1stシングル「ソメイヨシノ」の 叙情的な雰囲気から一転、 ENDLICHERI☆ENDLICHERIの ポジティブな側面が全開な一曲。 底抜けに明るいメロディーのサビに、さりげなく孤独を 称えるような歌詞を 織り交ぜるのが 何ともこの人らしい。 ----------------------…

The End of the Dark ~ 「LUNA SEA LIVE 2012-2013 The End of the Dream」 12.23 大阪城ホール ~

LUNA SEA LIVE 2012-2013 The End of the Dream 12月23日(日) 大阪城ホール 初めてのLUNA SEAライブ 初めてのLUNA SEAライブ体験。開場前の大阪城ホール周辺は、「黒」を基調としたファッションのファンが多かった。意識的にしろ無意識にしろ、ファンのフ…

映画館でLUNACY♪ ~ LUNA SEA 『 LUNACY 黒服限定GIG ~the Holy Night~ 』 ~

記事執筆 2010年12月26日 東京ドーム史上初の無料ライブ。 今年、本格復活を遂げたLUNA SEA。 ワールドツアーを経ての凱旋公演となる東京ドーム3日間の最終日。 抽選に外れたので、映画館で3D生中継を見てきた。 3D自体が初めてだったのでどんなもんか…

耽美で妖艶なエッセンスを研ぎ澄ましつつ ~ Dir en grey 『THE FINAL』 ~

近年、ビジュアル系氷河期を支えたバンドが激減・POP化していく中で、敢えてその「ビジュアル系」と括られてきた音楽が持つ耽美で妖艶なエッセンスを研ぎ澄ましつつ、そこにラウドロックを盛ちこみ、突き詰めてきたDir en gray。 試行錯誤の果ての大きな…

J-POPと洋楽の良さを上手く合わせたような路線 ~ KAT-TUN 『SIGNAL』 ~

ギター+「チキチキア~♪(?)」+マリオ系ゲームのような「ピコピコ♪」「ポワポワ♪」効果音が心地よく耳に残る。 近未来の都会的なイメージを軽やかに表現し、J-POPと洋楽の良さを上手く合わせたような路線は、もうお手のものといったような余裕を感じさせ…

試行錯誤の末に原点に立ち戻り、吹っ切れた印象 ~ GLAY『G4』 ~

色んな意味で「頂点」に達したGLAYが試行錯誤の末に原点に立ち戻り、吹っ切れた印象を受ける。 GLAYの良さが凝縮された4曲はどれも懐かしく、「HOWEVER」以前のガムシャラな力強さに溢れている。 久しぶりにGLAYの魅力を再発見できます…

「youthful days」のようなテイスト好きには、たまらないPOP感♪ ~ Mr.Children 『箒星』 ~

「youthful days」のようなテイスト好きには、たまらないPOP感♪ 初めて聴いた時、あまりにもPOP過ぎて桜井さんの声がどことなく合ってないような印象。しかし、聴き慣れてくるとこれもありかなと(笑) スピッツ並みに若さ溢れるミスチルを、どうぞお…

切ない詩と繊細な声が上手く絡み合い ~ OLIVIA inspi’ REIRA(TRAPNEST) 『a little pain』 ~

NANAのREIRA役として歌うこの曲は、OLIVIA自身がマンガの世界からそのままでてきたようなルックスなのでまさに雰囲気抜群! 叙情的なミディアムバラードに、切ない詩と繊細な声が上手く絡み合い、切なくも儚げな世界観を描いている。 ----------------------…

紅白・新作・スタジアムツアー発表から見える、大衆化にシフトした新たなバンプ。

数年前からより大衆的な活動スタンスになってきた BUMP OF CHICKEN。 2013年千葉で初スタジアムライブ2014年Mステ初出演と初東京ドームなど初期からのファンやメディア露出を望まぬファンなども裏切らぬように徐々に露出・動員拡大していく様子は いかにも…

下手なアーティスト以上に「アーティスト」らしい作品 ~ ENDLICHERI☆ENDLICHERI 『Coward』 ~

「堂本剛」名義のソロ活動から「ENDLICHERI☆ENDLICHERI」名義の ソロプロジェクトへ移行してからの第一弾。 「堂本剛」名義の頃よりも、 音から解放感が伝わってくる。実験的、幻想的、都会的... そんなイメージが浮かんできた。 「ジャニーズの一アイドル」…

ジャニーズのアルバムをフルで聴いたのはこれが初めて ~ KAT-TUN 『Best of KAT-TUN』 ~

ジャニーズのアルバムをフルで聴いたのはこれが初めて(というよりもアイドルのアルバムをフルで聴くのは初めて)だったけど、ロック・ラップ・バラード・ポップ...様々なジャンルの曲が満載で楽しめた。 超人気グループのデビューアルバムということもあっ…

「トリプルAサイド」として売り出しても良かったんじゃないの ~ KAT-TUN 『Real Face』 ~

M1 「Real Face」作曲・Bz松本&作詩・スガシカオの豪華スタッフで話題となった、勢い溢れるロックチューン!スガさんがこういう「いかにもアイドル」らしい歌詞を書いたことに少々驚いた。 M2 「GLORIA」「これぞジャニーズの王道!」と言っても過言ではな…

和製ミッシェルブランチorアブリル ~ YUI 『FROM ME TO YOU』 ~

初めて「feel my soul」を歌う彼女をTVで見た時、 「 和製ミッシェルブランチorアブリル? 」 というイメージを抱いた。 少し安易な比喩に聞こえるかもしれないけど、それほどの才能が溢れているように思えた。 ミッシェル・ブランチやアブリルに負けず劣ら…

快晴の空を見上げた時のような突き抜けた爽快感 ~ ストレイテナー 『Melodic Storm』 ~

歌詞とメロディーがすごく合っていて、ボーカルが優しすぎず、力強すぎずという何とも言えないバランス! 快晴の空を見上げた時のような突き抜けた爽快感が伝わってきます。 久しぶりに、素直に売れて欲しいと思えた曲です。 ------------------------------…

確実な「深化」を遂げ、アルバムに芸術性を宿している。 ~ LUNA SEA 『LUNACY』 ~

1年以上のレコーディング期間に終幕(解散)を意識していたのか定かではないが、 このバンドのポテンシャルが最大限発揮されている作品。 「セールスにとらわれず、思う存分時間をかけて自分達が納得できる作品を作る」 音楽に対して、愚直なまでにこだわり…

22分56秒の五重力奏 ~ LUNA SEA 『THE ONE -crash to create-』 ~

<a href="http://p.booklog.jp/book/54190" data-mce-href="http://p.booklog.jp/book/54190">22分56秒の五重力奏 ~ LUNA SEA 『THE ONE -crash to create-』 ~</a> 2012年3月21日、LUNA SEAが12年…