読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンプティ エン エターニティ

本、音楽、映画などの感想。 累計15万PV( 7つのブログ+35冊の電子書籍 )

何のための誰のための削減計画縮小、削減計画の一部先送りなのか(2014年9月)

新聞投稿

【 2014年9月 中日新聞の投書欄に投稿して不採用。  】


愛知県警が交番・駐在所の削減計画を見直し、
一部の施設の廃止は来春の統一地方選以降に先送りした。
一部県議たちや地元住民の不安の声も、
見直しに影響を与えたと報じられている。

 

削減計画の縮小は、地元住民の要望を反映した結果なのか、
一部県議の選挙対策を見据えた結果なのか、その両方なのか。

 

今回廃止対象から外れた交番でも、

1~2年のスパンで廃止対象になるのだとすれば、
何のための誰のための削減計画縮小、

削減計画の一部先送りなのかよくわからなくなる。

 

削減数を縮小したように見えても、
ただ単に削減の時期を先送りしただけならば、
後々先送りする必要があったのかが問われてくると思う。

 

地元住民の不安感も、
選挙前で敏感な政治家心理も、
県議や住民たちとの関係性を考慮する県警の判断も、それなりに理解できる。

 

しかし、
削減や削減数の是非という本題を置き去りにし
「時期だけ先送り」の方針になったとすれば、何か釈然としないものが残る。