読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンプティ エン エターニティ

本、音楽、映画などの感想。 累計15万PV( 7つのブログ+35冊の電子書籍 )

「 ~ 神を映像に収めることに成功した。」 ~ 古川日出男 『13』 ~

13

 

「 ~ 神を映像に収めることに成功した。」
唐突に語られる最初の一文がこの話のインパクトを物語っている。

類まれな色彩感覚を有する
天才気質の日本人少年を主人公に
アフリカのジャングルを舞台にした前半。

その主人公が大人になってからの様子と
アメリカを舞台にした後半の2部構成。

躍動的とも形容できそうな色彩表現の描写が
生き生きとしたリズムを生み出し、
「色彩」が持つ力に関心を奪われる!

近代世界と非近代世界の間で解釈が
徐々に揺れる(ずれてくる)宗教観を織り交ぜながら、
神秘的な雰囲気を現実的に味わわせてくれる!

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 
と、私は2006年に某SNSのレビュー日記に書きましたとさ。

 

小説の内容は忘れてしまったんですが
高校から大学の頃、
古川作品をいくつか読んでいた記憶は鮮明にあります。

 

踊るような筆致や
スピード感あふれる展開で
音楽を聴くように読み進めることができる。
おぼろげにもそんなイメージがあります、古川作品。

 

13

13