読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンプティ エン エターニティ

本、音楽、映画などの感想。 累計15万PV( 7つのブログ+35冊の電子書籍 )

確実な「深化」を遂げ、アルバムに芸術性を宿している。 ~ LUNA SEA 『LUNACY』 ~

音楽

LUNACY

 

1年以上のレコーディング期間に終幕(解散)を意識していたのか定かではないが、

このバンドのポテンシャルが最大限発揮されている作品。

 

「セールスにとらわれず、思う存分時間をかけて自分達が納得できる作品を作る」

音楽に対して、愚直なまでにこだわり続けた姿勢は確かに音に反映されている。

過去の作品と比べると明らかに良いという程度ではない。

確実な「深化」を遂げ、アルバムに芸術性を宿している。

 

ここで流れている音には説得力がある。

音の重なり合いの美しさを堪能できるロックに、これ以降出会っていない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

と、私は2005年に某SNSのレビュー日記に書きました。

 

書きっぷりがカッコつけています、

明らかにカッコつけています。

 

この頃はまだLUNASEAは復活していませんでした。

 

2007年の一夜限りの東京ドーム復活ライブ

『GOD BLESS YOU 〜One Night Déjàvu〜』より1年以上前で

本格的な復活の噂もまだなく、

復活する気配を感じていなかった気がします(うろ覚え)

 

LUNACY

LUNACY